3月18日に京都リサーチパークのホールで<京都府上海ビジネスサポートセンター>帰国報告会を開催した。

約200名の方に参加していただけ、ホールはほぼ満席であった。
それだけ中国についての関心が高いと思われる。

同会では、京都府と京都産業21の中国事業についての支援事業の内容説明も併せて行われた。 

今回は当サポートセンターの劉梅首席顧問と藤原首席代表で講演を実施した。
中国スタッフからの報告を加えることで、より具体的かつ深みのある内容になったと思われる。

日中双方を結ぶ事業である以上、それぞれの国の人の目で見た現状、課題、取組を
話すことでより客観的な情報になり、役にたつと思われた。

講演のあと、早速上海の事務所を訪ねてこられる方が3名もあったのには驚いた。

これからも現地状況を伝えることを大切な任務としたい。
JF



Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります