ちょっとブログ更新、ご無沙汰してしまいました。

先週金曜日から端を発した日本での大惨事は、
もうその日のうちに上海日本人社会にも大衝撃を与え、
週末は日本の海外向け番組を見るため、テレビにかじりついた人が殆どだったのではないでしょうか。

そして週明け、職場や街角で日本人に会うと
「日本のご親戚は、ご家族は、大丈夫ですか?」
と、互いに声掛け合うようになりました。

また、中国の方も、お見舞いのメールをくださったり、
見知らぬ店員さんまでが、私が日本人と分かると
「あなたの日本の両親は無事か?」
と、聞いてくださったり、と、
悲惨なニュースに胸を痛める一方で、人々の親切心や自分が健康でいることに、
改めて感謝したいとも思いました。

一方で、親切心からなのでしょうが、こちらの知人から
ちょっと考えれば、ありえないような放射能汚染のデマ話に関するチェーンメールも
受け取り、「はいはい、ありがとう」とかわすと、
「本当に気をつけて!」と、再返信まで帰ってきました。

さらに、デマばかりでなく、上海市でも日本からの輸入食品に、放射能汚染検査を導入する方向、
とのニュースもあります。

日本人の秩序ある行動・忍耐力そして高度な技術力を賞賛する海外の声もありますが、
上述のような目も厳しくなるのも確かでしょう。

現実・真実を正しく理解し、今できる最大限のことは何か、
常に前向きに考えていかなければ、と痛感しています。

SG

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります