3月8日付のブログで、
3月8日、国際婦人デーは、
「中国では特になにもしない」と書いてしまいましたが、
訂正します!!

今日来られたお客さまの会社も、女性社員は休暇をとってOKで、
女性は午後半休の会社もありました!!

企業や組織によって異なるようですが、
ある程度実効力のある「準祝日」的な扱いなんですね。

これだけ女性が強い(と思われる)この社会でも、
女性の社会的地位向上を叫ぶ機会が必要なのか…と、
思っていたら、またひとつ、今日面白いことを学びました。

中国では家庭内で、料理をするのは、男性・女性、半々
或いは男性が多い家庭もある、とのことですが、
買い物をする、あるいは買うものを決める、決定権は
多くの家庭で女性にある、というのです。
(某調査の伝聞ですが)

う~ん、やっぱり、実質的に女性が強いではないですか!
「男性デーも作ってよ~」という意見があがっている、というのも
頷けます!

SG


男女平等=全て何もかも折半と、
日本人の私は単純に思ってしまい増し

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります