昨年4月、シンガポールから上海へ引越した私には、上海の方が著しくシンガポールよりも優れている!
と思えるものが幾つかあります。

その一つが、日本人向け、フリーペーパー。

シンガポールでも、数種類ありましたが、
やはり常駐日本人人口2-3万人という規模では、「手作り感」が強く、こちらのモノのように、
本誌と地図が別冊になっているのを見ると、当初はいたく感動したものでした。

しかも、中身がこれまた素晴らしい。
経営コンサルタントさんや、調査会社さんの「生の声」を無料で拝読させていただけるのですから。

と、言うわけで、今日は、ほんの一部ご紹介です。
某誌上の某調査会社による中国市況の連載なんですが、
みなさん興味深いアルコールの消費に関する調査結果について。

こちらで最も良く飲まれているのが、多い順に
ビール(70%)、ワイン(60%)、そして白酒(46%)だそうです。
日本酒については、残念ながら、知名度や理解・普及もいまひとつ、といったところですが、
小さな数字ながら、大都市・高所得の、なんと、女性に日本酒愛好の傾向がみられるとか。

中国ももはや、情報社会です。
簡単な「一次調査」であれば、このように、フリーペーパーや、
インターネット情報で十分数字をイメージできる時代になりました。

もちろん調査の数字だけを妄信するのも考え物ですが、
新規ビジネス開始には、自社なりの仮説も必要です。
「こんな数字はないか」、
「どのぐらいの市場なのか」、
「どこを見ればこんな情報が取れるか」、
など、私たちも頑張って情報収集しますので、
日本からでも、中国からでも、どうかお気軽に
お声掛けください。

SG


Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります