先日、クラブサッカーアジア№1を決めるAFCチャンピオンズリーグが開幕しました。
天皇杯王者の鹿島アントラーズと上海申花の試合が上海であり観戦しました。

平日夜20時kick offにもかかわらず2万人の来場者で大いに盛り上がりました。

両ゴール裏側に上海サポーターが大勢陣取り、
アントラーズにとっては完全アウェイで戦いにくかったと思います。

良いプレイには拍手と歓声、反則にはブーイング、そして負傷者に対してボールデットの気遣い、
またそのボールを相手に返す紳士的なプレーは国際サッカーでは当然のことでこの試合でも行われていました。

紳士的なプレーに対して敵味方関係なく拍手を送る上海サポーターは既に国際基準のサポーターであり、
サッカー観戦ひとつとってみても中国の国際化を感じました。

さて、試合途中に気付いたのですが、選手名が表示されている電光掲示板に「裁判」なる文字が!?

実は、「審判(レフリー)」のことでした。

まだまだ中国語の勉強が足りませんが、そのおかげで日々目にする文字に驚きを楽しむ今日この頃です。

TM


Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります