みなさま、こんにちは。

はやいもので、今週もなぜかもう、水曜日。

こうやって季節がすすんでいくんですね…

と、言い訳しつつ、

先週から始めました『中国通販ネットものがたり』つづきの第五篇に参ります!!

(第一篇はこちら、第二篇はこちら、第三篇はこちら、第四篇はこちら 

 

第二篇ではご当地ネット通販の安さ、第三篇では品物の豊富さ、そして第四篇では

物流のノーマルさについて、書いてきましたが、

今日は、「安心&安全」について、書きたいと思います。

 

ネット通販を利用する人は「便利」だから利用するのですが、

利用”しない”人のその理由は、

そもそもインターネットが好きでない、パソコンに詳しくない、のほか、

「大丈夫なのぉ?」というのが大きな部分をしめていると思われます。

 

私も、淘宝(タオバオ)デビューのころは、

そんな気持ちでいっぱいで、

安くて、生活上の重要度の低いものを買って

「試して」いました。

そして…安心・安全だ!ということを実感しました。

 

一番の心配は決済の部分ですが、

日本とちがい、「巨大な」国ですので、着払いを受け付けるお店は少数派です。

クレカ決済もOKなところもありますが、

大部分は中国国内銀行のネット決済か、タオバオのグループの決済会社である、

「支付宝」経由での決済になります。

 

で、実際商品を選んでカートに入れ、送り先も入力していざ支払!となると、

そのパスワードの多さに驚きます。

まず、タオバオ会員としての固定パスワード(逐次パスワードにすることも可能)でログオン、

そしてネットバンクの固定パスワード、

さらに一回キリのパスワードを携帯番号で60秒以内に入力(携帯のショートメールに届きます)、

さらにさらに、ネットバンク開設時に配布される、1分おきに数字の表示が変わる万歩計のような器具に

表示されるパスワード。

これら合計4種のパスワードを入力しないと、支払が完了しません。

 

一度やってみると、面倒くささよりも、安心と信頼を感じることができます(少なくとも私は)。

 

さらに、実際商品が到着し、数量違いや不良など、さらにお金を払ったのに

「在庫がない~!」となった場合も、

返金してもらえます。

ただ、返金先は銀行の口座ではなく、タオバオ・グループの「支付宝」口座に入るので、

次に買い物するときは、そこから使っていかないと、手元に戻ることはありません。

 

そういった、支払面の安心に加え、表示やルールが明確なこと、

そして売り主の評価(これまで買った人が評価する)が明確なことから、

サイト全体の信頼度を上げているのではないか、と思われます。

 

そんなルールに基づき、売主も必至の攻勢でサービスアップを目指すので、

より安全・安心度がたかまる、良いスパイラルが形成されているのでしょう。

では、売主がどんな攻勢をみせるのか、

それは明日のお楽しみです。

 

では!

SG

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります