(一昨日からの続きです。
 初めからお読みになりたい方は、【連載ブログ】
 高速鉄道網(新幹線網)Ⅰ話からどうぞ!)

では乗車してみましょう。

駅には切符の自動販売機が並び、列車の予約・座席指定・発券ができます。
多少要領が要りますので、まごまごしていると慣れた中国人が、教えてくれたりします。

杭州、蘇州、南京などには、10分から30分に一本の列車が発車してます。 
しかし、乗客が多いこともあり、当日すぐに乗る列車の切符は
購入できない場合が多いと思われますので、
早めに購入した方が確実です。

日本のように切符を買えばいつでもホームに入れるのではなく、
飛行機と同じように、集合待合所で、発車の10分前くらいまで待ち、アナウンスがあれば、発車するホームのゲートに進み、自動改札を通り、ホームに降り、乗車となります。

結構乗客は多く、立ち席切符での乗客も少なくありません。
また、車内販売は人数が少なく、頻繁に販売には来ないので、
飲み物、食べ物は事前に購入しておいた方がよさそうです。

上海に限らず、どこの駅も改築され、しかも本当に巨大な駅舎が建設されてます。

ホームに降りて、駅の外に出るのに、30分もかかるなどという事もあり、
蘇州など、上海からせっかく40分で着いても、
駅から出るのに30分??!!という事態になります。


Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります