8月10日から13日にかけて、湖北省の孝感・襄陽の開発区へ視察しに行きました。

襄陽ハイテク開発区では、この2年間で、既に15社の日系企業が入居して、去年7月には、日本発条とティアナ用自動車シートプロジェクトが稼働し、総投資額は9200万米ドルでした。その中の、光彩産業園は主として、台湾、日本に向けて、光学・電子・機械設備などの企業を誘致する団地です。

 

産業園で行った説明会の様子です。

 

視察の傍ら、名観光地の武当山にも登りました。さすがの武当山では、道教の雰囲気が漂っていました。立教600周年の節目なので、いろんなイベントが行われているのです。が、それなりの観光客も印象的でした。

 

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります