京都の文化、伝統、京都人について考察しているうちに、
京都人と中国人の行動パターンがよく似ていることに気が付きました。 
京都では「一見さんお断り」
中国では「何をするにもコネが要る」
…要するに、人に対して敏感かつ、慎重な対応を自然にしていると思えるのです。

要するに、
”人に対する警戒心が強く、
  信頼できる相手だけと物事を進めるというスタイル”
で共通しています。 これはどうしてこうなったのか?? 

私なりの結論は;
1.京都は日本の首都として重要な位置にあり、中国も東アジアでは中央にある。
2.そこには伝統、文化、権力が存在している。
3.それを周辺の民から狙われ、そして力のあるものが統治する…地元はこれを受け入れざるを得ず、丁寧に受け入れるが、強いプライドはコアになる部分では自立を保つ。
4.この為、「よそさん」に対しては、信頼おける人の仲介が求められる。

という事になりました。 京都人、京都企業は、中国では仕事しやすいのではないでしょうか??
コネを探す、コネを構築する事に長けている!! ハズ!!

(非京都出身スタッフ書)

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります