22日付の上海紙・労働報によると、

上海某大学と関係当局が、市内では初めてとなる男子生徒のみの高校の設立に向け協力する

旨の文書に調印したそうです。

「え?今まで上海には男子校は無かったの?」と普通の驚きに加え、

男子校を設立しようとする動きになった契機にまた物凄く驚き。

それは、

学校で女子生徒の方が成績がよく、男子生徒が肩身の狭い思いをするからで、

女性上位の環境を改善したい、とのこと。

 

一般的に学校で、女子生徒の方が成績が良いのは、

別に中国に限ったことではないと思いますが、

男子校を作らないと!とまで追い詰められる状況…

本当に女子が強いんですね。

「剰女」(少し古い日本語に訳すと、「負け犬」!?)が多いといわれる、

上海独自の現象なのかもしれません。

 

SG

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります