◆旅から帰って

今回の旅では、改めて日中の関係について考えさせられた。

紀元前後の昔から、海路を通して、相当多くの人の行き来があったと思われる。 

しかし何と言っても紀元753年(1259年前)に渡来した鑑真和尚から始まり、

空海、最澄など日本の僧の留学など仏教関係者の交流が、この後の日本の政治、文化に与えた影響が大きい。 

京都、奈良など関西には多くの当時をしのべる建造物、文化遺産、習慣から物品が今に続いている。


そして現在に至るまで、日本では政治は変わったが国体は変わらず、

中国は幾百年かに一度は皇帝が替わり、つい100年前、

1912年に孫文が南京で中国の歴史始まって以来の皇帝ではない、共和制の国を設立した。

そして国民党から共産党に変わり、中華人民共和国となり、現在にいたる。 

共産党の国家に成って62年が経過、過去の歴史からすると、また今の状況からすると、

今後も更に発展し、国力をまし、世界最大級の国に成長する事は間違いなさそうだ。 

「もし中国が日本の程度に達すれば、中国は10の強国と並び、

その時中国は他に打ち勝った地位を再び取り戻すであろう」と孫文は述べている。

欧米を凌駕する「富強の中国」建設に今ひた走っている。

 

最後に、今回の春節ドライブ旅行、電灯泡※の私を、

快く連れて行ってくれたZさんご夫婦に感謝!!

JF

※電灯泡:(ディエン・ダン・パオ)中国語で、カップルの邪魔をする人の意味!

 

  

 

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります