今日は、日本人学校の二学期の終業式です。

冬休みは、日本の学校とほぼ同様、あまり長くはないので、

一時帰国する人は少な目です。

かくいう私も「在上海年越組」で、家族だけで新年を迎えます。

 

そんな「在上海年越組」の大きな支えとなっているのが、

「在上海日本人向けお正月サービス」の数々です。

  ●年賀状を元日に(日本の宛先に)届けてくれるサービス

  ●冬休みに入った子供たちを預かってくれるサービスや

   各種冬期講習

  ●そして充実したおせち料理の数々!!!

 

たしかに、シンガポールにいたときも、日本人が多かったことから(2-3万人)

かまぼこなど単品での販売も、お重箱でのセット販売もありました。

ただ、日本からの空輸で目玉が飛び出る金額だったこともあり、

かなり厳選しておりました。

一方ここ、上海では材料も国内で調達でき、

できたてをお手頃価格で頂けるのです。

しかも、日系スーパーのものから、高級ホテルのものまで、

選択の幅もかなり広く、充実しています。

さらに、おせちに飽きたって、この国の「元旦」は春節がメイン。

1月2日から普通に街はにぎわっています。

 

そんな訳で、「お正月料金」の日本へ家族総出で帰るよりは、

上海で過ごす人も多いのでしょう。

SG

 

 

 

 

 

 

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります