高速バスで移動する事にしたが、

このバスの出発は東ターミナルからである事が分かり、

タクシーで高速道路の出入り口に立地しているバスターミナルに移動した。

 

去年五台山への高禄道路が開通し、午後1時半発のバスに乗ると、2時間40分で到着する。

以前ならば4時間以上は掛かっていた所である。 

中国には観光地のランクが有り世界遺産、国家5星級の観光地は政府が管理している。

その地域に入場する際、門票(入場料)が必要となる。

五台山の場合は235元、有名な観光地は200元以上はする。

今回は窓口で60歳以上は半額と表示があり、パスポートを見せて、半額のメリットを享受できた。

 

五台山のバスターミナルに降り立つと、宿屋の客引きの小姐が来て、良い部屋があるからと案内された。

中国ではホテル、宿は、ちゃんと部屋を見てから泊まるかどうか決める。

見た結果、200元じゃ高すぎると判断、断って金海山荘という宿屋に泊まる事にした。

ツインルームで広さは十分だが、シャワーでお湯が出るのは良いとしても、

タオルもそれほど清潔そうではない。

 

田舎の宿屋は設備、備品も貧弱で、神経質な方は3星以上のホテルを予約しておいた方がよい。

JF

  
半額の入場券を入手「歳を取るのも良い物だ!」

 



 

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります