昨日、関西空港へ降り立ち、
10か月ぶりの日本へ帰ってきました。

一夜明けた今日は、
一時帰国のメイン・イベントのひとつ、健康診断です。

大阪の梅田で、阪急から地下鉄に乗り換えましたが、
時は朝のラッシュアワー、とにかく人でごった返し。

ですが、上海帰りの私には、奇妙に感じることがありました。

ただ、
ただひたすら、人ごみが静かなのです。
地下街のエアコンの音、BGM、そして多くの靴音以外、あんなに人が
大勢とおっているというのに、人の声がないんです。

また、健康診断会場につき、
大量生産のように、次々といろんな検査を受けましたが、
これまた多くの方がおられたにもかかわらず、
とにかく静かなんです。(と、感じました)

ひといきれ、喧噪、そして歩きながら携帯で話す声…

ちょっとそれが懐かしいような、
日本はこんな国だったことを、思い出したような、
そんな浦島太郎的一日でした。

SG




Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります