人民広場の上海市庁舎ビルの隣にあるこの建物は以前から気になっていた。
ついに最近、門票(入場料)30元をはたいて入場してみた。 
中には上海の開発の模型、歴史資料が展示してあった。 

街の開発模型はどこの開発区を訪問してもたいてい造ってあって、
まずその模型のところで説明を聞くのが習わしである。 

たいていは無料だが、さすが上海は有料にして観光客を呼び込んでいる。 
上海については以外と知っていないことが多いので、古い写真、
地図などの展示を見ていると、上海の歴史と地理が良くわかった。

しかしこの20年の大変貌を実感するには最高の場所でした。
JF

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります