観光客が集まる場所には結構画廊、ギャラリーなどが目につく。
中国らしい景色の写真、置物、絵画などが売られている。 

色使いも日本人とは異なる、派手な色が多用され、また構図、
題材なども発想が違うなと感じることが多い。

日本画などは特に“静けさ“を感じるし、
油絵などほかのアートも日本の作家の作品はやはり「静」、
これに比べ中国の作家は「動」、を感じる作品が多いように思う。

やはり絵などは、心情、思想が表現されていもいるから、
作品は一ひねりしたような、考えさせられる作品もギャラリーでは見かけることも多い。
JF

(POPなアート販売店)

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります