アジア最大の(いや、世界最大?)の規模を誇る、
インターネット通販サイト、淘宝(タオバオ)。

私も初めは、少し遠目から見ておりましたが、
一度商品が無事届くや、もう、
かなりお世話になっています。

商品(テナント)によって、着払いもできますが、
基本はネット決済。
「大丈夫?」と、保守派さんは思われるでしょうが、
何通りもあるパスワード(それも、携帯に送ったり、PCとは別に持たされる暗証番号表示機?というんでしょうか…を参照したり)
を使い分け、ネットについてはチョット強い私も、安全性は結構高いのでは?と思えるほどです。

また、そんな淘宝に対抗すべく、日本からは楽天
(中国では”楽酷天”:ラクテンに近い発音にするため&酷は“カッコイイ”の意味)
も進出されていますし、リアル店舗のお店もネット販売を充実させ、中国ネット通販大時代がやってきました。

考えられる理由としては;
1.インターネットの普及
2.宅急便の普及と信頼性アップ
3.モノがあふれてきた→検索して選びたい、価格を比較したい
4.忙しくなった(都市化)

当然ですが、ウェブに上げれば見てもらえる、売れるというものではありません。
ネット上の情報はどんどん増えていくので、膨大な情報の中から、自分の商品や情報を選んでもらうような工夫をする、
こまめに更新する、
といったような、地道な努力の”積み重ね”は絶対必要です。

と、いうわけで今週も頑張って毎日ブログ書きました。
お読みいただきまして、まことにおおきに。
来週も、よろしゅおたのもうします。

SG




Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります