すみません、昨日はブログ一日お休みしてしまいました。
ちょっと疲れが溜まってるな~、いや、まさに「五月病」。

中国にいながら、日本の新年度の疲れを感じてしまい、
昨日、中医学施術の一つ

「カッピング(拔火罐:バー・フオ・グヮン)」と
「牛角リンパマッサージ(刮痧:グヮー・シャー)」

を受けてきました。
カッピングとは直径10センチくらいのガラス球の一部が丸く空いていて、
熱した後、その空いている部分を背中に吸着させると、皮膚がガラス球の中にぷゎ~んと入り込み、
体内の毒素が出てくる、というものです。
それを、昨日は十個ぐらい背中につけてもらいまして、
「うわ!すごい毒素ですよ!!」と言われました。
ガラス球の跡が赤だとOK、紫→黒だと毒素がある、という印だそうです。

一方の牛の角のリンパマッサージは、
手ではなく、牛の角でリンパの流れをギュ、ギューッとこするようにマッサージするもの。
これも、皮膚が弱い私には、ちょっと跡と痛みが残ります。(施術中もかなり痛いです。)

もう、背中は紫の巨大水玉模様。

是非、写真を撮ってお見せしたいところですが、ご自身で一度お試しください。
今朝はすっかり食欲も戻りました。
偉大な中医学マジックのお話でした。

SG

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります