中国は自然大改造の開発、一方日本は自然調和型

宇宙から確認できる人工構造物は唯一、万里の長城だといわれる。

確かに中国は陸続きで周囲は様々な民族、国家に取り囲まれている。
侵略を防ぐにはの北、西の守りを固めるのは必然という事で、長城も築かれた。 
国が大きいのでそのスケールも巨大である。
考えるスケールも面積に比例して26倍以上となるのであろう。

日本人には想像を絶する巨大プロジェクトに果敢に挑戦し、実現してきた。
杭州、蘇州、北京を結ぶ大運河、現在では三峡ダムがそれにあたる。 170mも水位が上がり、上流の相当おくまで川が湖に代わる。


水没する地域に住む人の数も100万人を超すという壮大なプロジェクトである。
これもほぼ完成し、電気を供給し始めた。(写真)

まさに息を飲む、想像を絶する光景である。
次は北部の水不足を補うために、
揚子江の水を黄河に持ってくる水路を開削するというプロジェクトを計画している。

日本でいうと瀬戸内海と琵琶湖を経て日本海と繋ぐといった計画になる。
これを本気で考えるところがすごい!

JF


Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります