中国ではいろいろな商売が成り立つ。 
需要があれば、必ずそれにこたえるビジネスが生じてくる。


写真は地下鉄の駅の出口で客をまつ乗合オートバイの車列である。

こうして毎朝オートバイの車列ができる。 
この駅には20台は待機しており、相当の需要があるらしい。
見ていると女性の利用客が多い。
価格は5元前後の様だ。 

タクシーなら初乗りは12元、なかなかつかまらないし、短時間で目的地に着くという目的に不適当だ。

お客はオートバイにまたがり、ヘルメットを着けて走り始める。 歩道であろうが、赤信号であろうが、目的地に向けてまっしぐら、疾走してゆく。 
おかげで歩行者はどこからオートバイが来るか、歩道でも交差点でも、
前後左右の安全を確認する必要があるのだ。 

こうして毎日、朝寝坊した人、化粧していて時間が迫っている人の救出劇が繰り返される。
地方の街にもよく見かけるが、道に迷った自動車の水先案内のサービスも提供している。 

実に便利なサービスで、開発中の地区では建設中、最近開通した道路が多く、
これがないといくらベテランでもよその運転手では目的地に着くのは至難の業となる。

JF

Name :

Email :

※メールアドレスは表示されません

Comments :

Verification code :

クリックすると表示が切り替わります